オーストラリアやニュージーランドで馬主になる/TAKERU Racing

2歳馬の明暗

出資するときには、素人目線ですが、ウォーキング動画を参考にします。

それで2歳馬(日豪)です。

1)
セリ価格15,000豪ドル(120万円ぐらい)の
Shooting for Stars (父Shooting to Win)。

Shooting for Starsのセリ用映像

動画で動きを見たときには、毛ヅヤも良く、機動性もあるかと思いました。

しかし、蓋をあけると、ジャンプアウトでビリかブービー。

しかも、馬体重は安定せず、なかなかデビューできず。

厩舎に相談したところ、『シェアはいつでもやめていいですよ』

『今の動きだと、出資している価値はないと思うよ』との返事。

残念ながら近々にシェア終了の運びとなります。

2)一方、道営のセンコウノマイヒメ2020(ハートオブリバティ)。

動画を見て、これはなかなかいい馬だなと。

セリ価格:660万円が妥当かどうかは別として

デビュー2戦は苦労したものの、昨日8日、JRA認定のアタック勝ち。

この馬はもう少し上に行けそうだと思うのですが、

J認定のクローバー賞とか出てほしいですね。

道営→南関→中央→南関→高知→道営 の妄想が広がります。

いずれにしてもまだまだ修行が足りないのは事実ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA