アイビスサマーダッシュの指数D注目馬

今週から東京オリンピック。なんで小倉が開催しないのかと調べると

「馬術競技への所属獣医師、馬運車の派遣要請への対応と、暑熱対策のため例年の3場開催から小倉を休止」(日本経済新聞:2019年10月21日 18:06)

馬術競技のためなんですね! しっかり馬術競技を見たいと思います。


指数Dは、中央競馬においては32のファクター、南関東については14のファクターをもとに、数値化した穴馬=ダークホース指数。

出走予定馬は次のとおりです。(競馬Compassさんより)

特別登録段階での指数上位馬は次のとおりです。

ロジクライ

ヒロイックアゲン

オールアットワンス

モントライゼ

ビリーバー

グレイトゲイナー

タマモメイトウ

ロードエース

ジュランビル

ここは枠順次第ですね。内目の枠は通常不利な気がします。

現時点ではオールアットワンス、モントライゼの3歳勢に、タマモメイトウ、ロードエースの韋駄天S組、別路線の牝馬でジュランビルに注目しています。

D&C指数とオーストラリアで馬主になる/TAKERU Racing | 日本/TAKERU Racing | Tōkyō

競馬道OnLineで『D&C指数』の構築に参画、監修しておりますTAKERUのページです。現在オーストラリアで馬主になること、ニュージーランドで馬主になることを研究中です。現在オーストラリアで共有馬7頭、ニュージーランドの出資馬は3頭。詳細はブログでご覧ください(Ameblo)。

0コメント

  • 1000 / 1000