マイルチャンピオンシップ推察

指数Dのランク分けは次のとおり。

Sランクの2頭はともに外枠が気がかり。マイルCSの特性上、

世界で活躍できるタイプを除いては、京都芝1600mや

京都コース巧者を狙うべき。その点だとBランクの馬でも勝負になると見る。

最終指数見解は競馬道OnLineで。


ダイアトニック S

レイエンダ S

ダノンプレミアムA

プリモシーン A

グァンチャーレ B

モズアスコット B

インディチャンプB

カテドラル B

ダノンキングリーB

エメラルファイトC

フィアーノロマーノC

レッドオルガ C

ペルシアンナイトD

アルアイン D

クリノガウディーE

マイスタイル E

タイムトリップ F

D&C指数とオーストラリアで馬主になる/TAKERU Racing | 日本/TAKERU Racing | Tōkyō

競馬道OnLineで『D&C指数』の構築に参画、監修しておりますTAKERUのページです。現在オーストラリアで馬主になること、ニュージーランドで馬主になることを研究中です。現在オーストラリアで共有馬6頭、ニュージーランドの出資馬は2頭、日本では2頭に出資(一口)しております。詳細はブログでご覧ください(Ameblo)。

0コメント

  • 1000 / 1000